モグニャンは子猫にも安心!与える量や粒の大きさも解説します!

モグニャンは子猫にも安心!与える量や粒の大きさも解説します!

 

子猫 の時期は良質なフードを選ぶことが大切です。

 

しかし、子猫のフード選びって難しいですよね?
我が家の猫が子猫だったころ、フード選びが一番大変でした。

 

  • いろいろな情報を調べていると、どのフードが良いのか余計に悩む・・・
  • 子猫に良いキャットフードって何を基準に選べばいいの?

 

そんなことがあるかもしれませんね。

 

そんな私が、安心しておすすめできるフードはモグニャン

 

この記事では、なぜモグニャンを子猫に安心して与えれるのか?おすすめなのか?をご紹介していきます。

 

 

 

穀類を一切使っていない『グルテンフリー』

 

モグニャンをおすすめできる1つ目のポイント、それは・・・

 

『メインの材料にもその他の材料としても穀類は一切使っていない!』ということです。

 

 

子猫用の多くのフードでは、穀類が少なからず入っているんです。

 

穀類は猫の体には合わない食材です。

 

特に子猫の場合は消化機能が未発達なので、穀類の消化は負担しかありません。

 

子猫の時には穀類を使わないフードのほうが良いのです!

 

 

さらに栄養面でも穀類は心配です。

 

穀類から摂取できる栄養は「植物性たんぱく質」。

 

しかし猫にとって一番必要な栄養は「動物性たんぱく質」

 

これは肉類や魚から摂取できる栄養です。

 

つまり、穀類のフードからは一番重要な栄養が摂取できない!

 

これは子猫にとっては致命傷となりかねません・・・

 

モグニャンは穀類を一切使っていないフードなので、子猫の消化機能に負担をかけることなく、成長に一番必要な動物性たんぱく質をしっかり摂取できるフードなんです!

 

 

 

白身魚で『動物性たんぱく質』がたっぷり

 

猫用のフードでのメイン材料として多いのは、チキン。

 

白身魚を使うフードは珍しいのですが、モグニャンはメインの食材に白身魚を使っています。

 

「フードにあまり使われていない白身魚を使っていて大丈夫・・・?」

 

という不安もあると思いますが、不安を払拭する情報をお届けしますね!

 

 

魚の中でも白身魚は消化吸収率が良く、赤みの魚と比べると栄養が吸収されやすい食材なんです。

 

子猫の消化能力が未熟だということを考えると、消化しやすい材料のほうが栄養を摂取しやすいですよね。

 

実際、子猫用の離乳食やウェットフードには白身魚が使われていることも多く、白身魚が子猫に安心して使えることがわかりますね!

 

 

 

次に栄養面なのですが、白身魚は動物性たんぱく質が豊富に含まれています。

 

子猫の成長に欠かせない栄養なので、しっかりと摂取させたいもの。

 

白身魚の消化吸収の良さと豊富な動物性たんぱく質を考えると、モグニャンは子猫にぴったりなフードだと言えるんです!

 

 

 

さらにアレルギー面にも配慮して白身魚を使用しています。

 

先ほど紹介した穀物チキンは猫の消化吸収によくない面がありますが、アレルギーを引き起こすこしやすい原材料でもあるんです!

 

穀物は特に子猫の体にも合わないので、ひどい場合食物アレルギーを引き起こすこともあります。

 

チキンも魚を主原料にしたキャットフードと比較するとアレルギー作用が強いことがわかっています。

 

 

勿論、魚が苦手で生まれ持って魚アレルギーを持っている猫ちゃんもいるので、モグニャンならアレルギーにならない!とは言い切れませんが、主原料からアレルギーを引き起こしにくいキャットフードと言えます!

 

 

 

子猫も安心の小粒サイズ

 

モグニャンは粒の大きさが小さいのも特徴の一つです。

 

 

これはプレミアムキャットフードで有名なカナガンキャットフードとシンプリーキャットフードとの粒の大きさを比較したものです。

 

見ての通り、モグニャンの粒の小ささがよくわかるかと思います。

 

カナガンもシンプリーも大きいわけでなく標準からむしろ小粒タイプです

 

子猫の時期は消化器官も弱く、キャットフードを食べても吐き出す子も多いです。

 

なので、フードの粒の大きさはできるだけ小粒のほうが食べやすく、喉の通りもいいので吐き戻しも少なくなります。

 

 

おすすめの与え方は、お湯やミルクで少し温めてふやかしてあげること!

 

フードをよく吐いてしまう猫ちゃんは、ふやかすと食べやすくなりますよ♪

 

⇒小粒で子猫も食べやすい!モグニャンの公式サイトはこちら

 

 

 

オールステージフードで切り替え不要

 

子猫用のフードからはいずれは成猫用のフードに変えていくことになります。

 

子猫用は生後1年間までの使用となります。

 

 

しかし、フードの切り替えは猫にとって大きなストレスとなります。

 

我が家の猫でも、切り替えがうまくいかず嘔吐下痢食欲不振などの体調不良を抱える子がいました・・・

 

飼い主としては、切り替えがスムーズだと思ってても、愛猫にはかなりのストレスを与えてしまうんですよね。

 

モグニャンはオールステージ対応のフードなので、年齢ごとのフードの切り替えの必要がありません!

 

 

これは子猫にとってはうれしいポイント!

 

フードの切り替えによるストレスがなくなりますからね。

 

成猫になれば体重を基準に与える量が決まりますが、子猫の時期は月齢に応じて与える量が変化します。

 

では、子猫の時期の与える量はどうすればいいかをご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

子猫の給餌量|時期によって与える量は変わります

 

モグニャンの子猫に与える量は、生後何か月かによって変わります。

 

では、子猫の給餌量(フードを与える量)を確認してみましょう。

 

 

右側が子猫の給餌量です。

 

見てわかるように、子猫のときにはたくさんの栄養が必要ですので、フードの摂取量も多くなっています。

 

 

 一度にたくさん与えてはいけない

 

 

子猫の給餌量が多いからといって、一度に与えるのは危険です!!

 

子猫はまだ体が成長しきっておらず、消化器官も未熟です。

 

そのような状態で多くの量のキャットフードを食べると消化不良下痢など体調に支障をきたします。

 

ですので、一日に小分けしてモグニャンを与えるようにしてください。

 

 

 

 

このようにモグニャンは子猫にも安心して与えれるキャットフードです。

 

  • 消化に悪い穀物不使用のグルテンフリー
  • 白身魚で動物性たんぱく質を豊富に摂取
  • 小粒で子猫も食べやすい
  • オールステージ対応で成猫後の切り替え不要

 

おすすめしたい点はいくつかありますが、この3点は子猫に対して非常に優れています!

 

私も子猫に与えるキャットフードは購入するとき悩みましたが、そのときに基準にしたポイントも実はこれなんです♪

 

この3つを抑えたキャットフードってなかなかないんですよね・・・

 

そうなると、お値段は高めになりますが、プレミアムキャットフードにせざるを得ないという結果になりました。

 

 

子猫の成長や健康面を大切に考えられる飼い主様には、ぜひ選んでほしいキャットフードです!

 

子猫の時期の体や健康作りは、将来の猫ちゃんの健康に大きく影響しますよ!

 

 

⇒子猫に安全で健康的なキャットフードを!モグニャンの公式サイトはこちら