モグニャンはよく吐く猫でも大丈夫?覚えときたい3つのポイントとは

モグニャンはよく吐く猫でも大丈夫?覚えときたい3つのポイントとは

 

『気づいたら愛猫が吐いている・・・!?』

 

『フードがそのまま出てきた!?』

 

というように、愛猫が 吐く というのは結構見ると思います。

 

 

実は、モグニャンの口コミを調べていたら「モグニャンを食べたら吐いた」という内容があったんです。

 

獣医おすすめのフードでも吐いちゃうってことですよね。

 

猫の嘔吐は珍しくないとはいえ、しょっちゅう吐いていると心配ですよね?

 

私も猫を飼い始めのころは、吐いたらすぐ病院!という感じでした。
獣医さんにも「心配性だねぇ」と言われるほど。

 

そこで今回は、キャットフードをよく吐く猫でもモグニャンを与えてもいいのか?を3つのポイントから紹介します。

 

 

猫はよく吐く動物

 

初めにも書いたんですが、猫はよく吐く動物です。

 

もちろん、体調不良のサインとなることもありますが、元気な猫でも吐くんです。

 

 

セルフグルーミングをするため毛玉を吐き出したり、異物を飲み込んでしまい、吐き出そうとしたり・・・

 

勢いよく食べすぎて未消化のままフードを吐いたり・・・と普段通りの生活の中でも吐くことが多いんです。

 

 

 セルフグルーミングについて

 

 

猫はセルフグルーミングと言って、自分で毛繕いをして身体を清潔にしています。

 

【セルフグルーミングをする理由】

  • 抜け毛や体の汚れを舐めてきれいにすることで皮膚を清潔を保つ
  • 舐めることにより皮膚の血流をよくする
  • 暑いときに体毛を濡らし、体温調節をする
  • 寒いときは被毛の間に空気を入れて、温める
  • 不安を感じたりストレスを感じたときに、舐めて気持ちを落ち着ける

このような場合にグルーミングを行う性質があるんです。

 

しかし、その時に毛を飲み込んでしまうことがあるんです。
そのため吐き出すことで、お腹に毛玉をためないようにしています。

 

 

 異物を飲みこみ吐き出すことも・・・

 

 

猫の吐く原因で多いのが異物を飲んでしまったときです。

 

我が家で多いのは、パウチフードの外装のかけらです。
ゴミ箱をあさって食べてしまうことがありました・・・

 

 

このように、毛玉や異物に関しては元気な猫でも吐きますし、フードが問題というわけではありません。

 

モグニャンは小粒タイプで消化にもやさしいキャットフードですが、完全に吐かなくなる訳ではない!ということは覚えておきましょう。

 

 

 

食物アレルギーがある猫はアレルゲンをチェック

 

実は猫でも食物アレルギーになることがあります。

 

アレルギーの原因であるアレルゲンとして多いのが、牛肉穀類なのですが、もアレルゲンになることがあります。

 

食物アレルギーなので、フードの原材料にアレルゲンが含まれていると体調不良が続きます。

 

下痢やおう吐、毛並みが悪くなるなどが体調不良のサインですが、これらの症状はほかの病気のサインともなりうるため、初めからアレルギーと診断されるのは難しいんです。

 

 

飼い主としてチェックできることは、食事後の様子をチェックすること!

 

モグニャンを食べさせ続けているのであれば、食事後の様子を観察してみましょう。

 

食後に必ず吐く・未消化のまま吐くことが続いている場合は、魚アレルギーの可能性があります。

 

 

 

この診断は獣医にしかできません。

 

自分の判断でフードを変えることは危険です!

 

まずは、吐いたときの様子を獣医に伝えてアレルギーの検査をしてもらいましょう!

 

 

モグニャンの主原料は白身魚です。

 

ですので検査の結果、魚アレルギーとわかった場合、モグニャンは控えた方が安心です。

 

 

しかしこれは「魚アレルギーの猫」にだけ当てはまることです。

 

 

では、モグニャンはよく吐く猫に使っても大丈夫なのでしょうか・・・?

モグニャンは吐く猫に優しいフードだった

 

 

猫が吐く原因に毛玉がありましたが、市販されている毛玉対策のフードには食物繊維が配合されています。

 

モグニャンの原材料を見てみると・・・ありました!食物繊維!

 

しかも、サツマイモを使っています。

 

モグニャンはサプリメントでの配合ではなく、食べ物で食物繊維が入っているのは、安心ですね♪

 

モグニャンの原材料についての詳細はこちら
モグニャン 原材料|他のフードと違う3つの秘密とは?

 

 

では、未消化のまま吐いてしまう猫ちゃんには使えるのでしょうか・・・?

 

未消化の原因の多くは、穀類が原因です。

 

猫は穀類の消化は苦手ですからね。

 

その点、モグニャンは穀類を使っていないグレインフリーなフードです!

 

つまり猫の消化に合わせた材料を使っているということですね!

 

 

食物繊維も摂れて、穀類の心配もない!

 

モグニャンは一石二鳥のフードですね!

 

 

 

よく吐く猫でもモグニャンは与えれるのか?

 

ここまで猫が吐く理由やモグニャンが吐く猫に対してやさしいキャットフードであることを紹介してきました。

 

最後にまとめましたので、確認しておきましょう。

 

 

 猫はよく吐く動物

 

 

猫はセルフグルーミングをする性質をもっています。

 

その時に毛玉を出したり、異物を出すときに吐くことも多いので、元気な子でも吐きます。

 

 

 モグニャンでも吐く子がいる

 

 

モグニャンの主原料は魚なので、魚アレルギーがある猫の場合、モグニャンを食べると吐くこともあります。

 

食べるたびに吐き出すようなことがあれば、まず獣医さんに相談してアレルギー検査をお願いするのがいいでしょう。

 

そこで、魚アレルギーと診断されれば、別のキャットフードへ変更するのが安全かと思います。

 

 

 アレルギー以外で吐く猫には優しいモグニャン

 

 

毛玉を排出しやすくなる食物繊維としてサツマイモを使っており、さらに未消化の原因となる穀類を使っていないモグニャンは、よく吐く猫にとてもやさしいフードなんです。

 

食べ物から食物繊維が摂れたり穀類を使わないなど、猫がよく吐くということを踏まえて作られているのかと思うほど、猫に優しいフードということがわかります。

 

 

 

 

このように、愛猫が吐く負担を少しでも減らしたいと思っている飼い主さんにおすすめのフードです!

 

口コミでよく吐くという投稿は、猫を飼い慣れている方ならよくあることと感じるかと思いますが、慣れていない方だと

 

  • キャットフードが原因では?
  • 体調不良が原因なのでは?

 

と不安になることも多いようです。

 

この記事を読んで、少しでも不安を解消してもらえればうれしいです。

 

実際うちの猫はおいしくモグニャンを食べています!

 

それでもモグニャンに対し不安な方は、悪評やよくない口コミに対する解説をこちらでしているので是非見てみてください。
・モグニャンを食べないって口コミを本当!?実際に与えた結果とは