モグニャンはシニア猫にもおすすめ!他とは違う3つの秘密とは?

モグニャンはシニア猫にもおすすめ!他とは違う3つの秘密とは?

 

モグニャンキャットフードは全ライフステージ対応のキャットフードです。

 

しかし、愛猫の年齢があがっていくと、フードも身体に配慮したものを選びたいと思いますよね。

 

一般的に猫は7歳を超えると「シニア猫」というライフステージに入ります。

 

我が家にもシニア手前の年齢の猫がいますが、だんだんとシニア期の準備をしていかないとなと、感じる毎日です。

 

シニア用フードはたくさんありますが、中でもイチオシは「モグニャン」

 

今回は、シニア猫にモグニャンをおすすめできる3つの秘密をご紹介します。

 

市販のキャットフードにはない秘密がありましたよ!!

 

 

秘密その@ 白身魚で高たんぱく

 

シニアになると食欲がだんだんと落ちてきます。

 

今までよりも食べる量が減っていくんです。

 

そうすると必要な栄養が摂れず、体調を楠してしまいます。

 

シニアフードで大切なことは「少しの食事量でも、栄養はしっかりと摂れる」ということです。

 

猫にとって一番必要な栄養は、動物性たんぱく質です。

 

これは年齢が上がっても変わることはありません。

 

そのため、シニアになればなるほど良質な肉や魚を使ったフードでしっかりと動物性たんぱく質を摂取できるようにしてあげなくてはいけません。

 

モグニャンは、メインに白身魚を使っています。

 

 

 

しかも、その配合量はなんと63%!

 

フードの半分以上に動物性たんぱく質を摂取できる食材を使っています。

 

これは大きな魅力ですよね!

 

動物性たんぱく質をきちんと摂取できていると、毛並みもよくなりますし、元気も出てきますよ!

 

 

 

さらにモグニャンの魅力は何といっても「消化のしやすさ」です。

 

白身魚は消化吸収率が良い食材で、子猫やシニアにぴったりです。

 

さらにモグニャンは、猫の消化に悪い穀物は一切使用していないグルテンフリーなんです♪

 

小麦やトウモロコシなどの穀物は猫が消化しにくい原材料です。モグニャンはサツマイモを使っています!

 

栄養しっかりでお腹に優しいフードなんです。

 

 

秘密そのA カロリー・脂質が控えめで肥満予防

 

シニア猫の悩みの一つに肥満があります。

 

我が家のシニア手前の猫、シニア期が近くなってきたのか少し太ってきてしまいました。

 

なぜシニア猫が肥満になるのでしょう・・・?

 

それは運動量が低下するからです!

 

シニア期の猫は人間でいうと、45歳ほど。運動量が低下しても納得です。

 

運動量が低下すると、エネルギーが消費されにくく代謝が落ちてしまします。

 

そのため、成猫用のフードを同じ量で与えていると、太ってしまうんですね。

 

愛猫に「運動してよー」と言っても動いてはくれないですよね・・・

 

体重のコントロールも飼い主の大切な役割です。

 

 

 

モグニャンは、カロリーと脂質が抑えめのフードです。

 

シニアにはうれしいフードですよね。

 

「抑えめ」なので極端に低いわけではありません。

 

栄養をしっかりと摂取しつつ、カロリーや脂質は抑えられるんです。

 

体重コントロールをしつつ、健康維持ができるフードなんです。

 

肥満にさせたくないがために、カロリーや脂質が極端に低いフードだと栄養が足りずに体調を崩してしまいます・・・

 

 

愛猫にそんなつらい思いはさせたくない!!

 

モグニャンはそんな飼い主さんの声に応えてくれますよ!

 

 

 

秘密そのB 小さめ粒で食べやすく消化もしやすい

 

モグニャンは粒の大きさが約7mm

 

これは大きさ的には、小さい方に入ります。

 

モグニャンはシニア猫にもおすすめ!他とは違う3つの秘密とは?

 

こちらが私の手に乗せたモグニャンの粒です。

 

粒の形は俵型で、長いところで7mm、短いところで5mmなので、噛む力が弱くなっていくシニア期の猫でも噛みやすい粒の大きさです。

 

 

成猫用のフードは多くが、平べったい形でちょっと大きい粒ですよね。

 

それは成猫は噛む力が強いため、しっかりと噛むことであごの力を強くするという意図があるんです。

 

しかしシニア猫は、噛む力もだんだんと弱くなっていきます。

 

大きい粒だと噛めずに丸飲みしてしまい、のどに詰まらせる危険もあります・・・

 

モグニャンは小粒活かつ長方形という口に入れやすい形なので、丸飲みを防ぎつつ噛みやすい粒の大きさなので、シニア猫におすすめなんです。

 

 

 

 

モグニャンがシニア猫にオススメな理由 まとめ

 

モグニャンがシニア猫におすすめな理由は成分や粒の大きさが関係しています。

 

シニアになって心配になるのは『代謝の低下』『消化不良』です。

 

代謝低下に伴い肥満体となると病気を誘発する可能性が高まりますし、消化器官が衰えると消化能力が下がり、フードを吐きだしたり下痢になったりします。

 

そのあたりをしっかりと考えて作られたモグニャンはシニアに安心して与えられますね♪

 

では、シニア猫にうれしい3つの秘密をまとめてみましょう!

 

 

 白身魚メインで動物性たんぱく質をしっかり摂取!

 

 

シニア猫でも必要な動物性たんぱく質。

 

その栄養をしっかりと摂取するために白身魚を63%も配合しています。

 

肉食の猫はたんぱく質でエネルギーを生成しますので必須の栄養素です。

 

 

 カロリー・脂質抑えめで体重コントロールがしやすい

 

 

シニア猫は肥満が心配ですが、モグニャンはカロリー・脂質ともに抑えめなキャットフードです。

 

栄養はしっかり摂りつつ、体重コントロールができます。

 

 

 小さめ粒で噛みやすい

 

 

7mmの長方形の粒なので、比較的小さめの粒です。

 

噛む力が弱くなるシニア猫ですが、粒が小さいので無理なくかむことができます。

 

 

⇒シニア猫にも安心して与えられるモグニャン公式サイトはこちら