モグニャン 避妊

 

愛猫を大事に思うからこそ受けさせたい 避妊手術

 

我が家の女の子猫たちも避妊手術ばっちりです!

 

しかし、猫には大きな負担がかかるんですよね・・・

 

飼い主としては、できるだけ早く体力を回復させてあげたいですよね?

 

モグニャンは猫の健康に良いキャットフードとして評判ですが、

 

  • 避妊後の体力回復に効果的か?
  • そもそも避妊後に与えても良いのか?

 

をうちの猫たちの避妊後の様子を交えながら、モグニャンおすすめの理由をご紹介しますね!

 

 

 

避妊手術後の猫の体はデリケート

 

多くの動物病院では、雌猫の避妊手術の場合は一泊入院させることが多いですよね。

 

オスは日帰りできるのに、メスはなぜ入院?と疑問に感じました。

 

 

獣医さんに詳しく説明してもらうと・・・

 

避妊手術の場合は、開腹手術になるため術後の観察がとても重要なので入院が必要で、オスの去勢手術は開腹の必要がなく、術後も安定しやすいとのこと。

 

メスとは手術の段階で大きな違いがあるんですね・・・

 

術後に問題なければ退院となるのですが、家に戻ってきてからも様子の観察が大切です。

 

 

獣医さんに教わったチェックポイントとしては、

 

  • 食欲の戻りはどうか
  • 下痢やおう吐はしていないか
  • 水分は摂れるか

 

の3つ。

 

 

食欲の戻りと水分補給

 

 

開腹手術は体に大きな負担をかけるので、すぐに食欲が戻らなくても大丈夫です。

 

体力もかなり消費していますし、メンタル的にも疲れ切っている猫は、2.3日ほど食事を抜くこともあります。

 

2.3日食べなくても様子を見てあげましょう。体力が戻れば食欲も戻ってきますよ!

 

水分摂取も同じ感じなのですが、心配なのは脱水症状・・・

 

2.3日ほどは飲まなくても大丈夫なようですが、水を近づけても飲むそぶりが見られないときは一度獣医へ連絡したほうが安心です。

 

ちなみに我が家の避妊猫ですが、回復が遅い子で3日飲まず食わずで、じーっとしていました。

 

回復の早い子は、術後翌日には水を飲み、ドライフードも少しずつは食べていましたよ。

 

 

 

下痢やおう吐

 

 

術後は体力的にもメンタル的にも弱ります。

 

下痢やおう吐が続いても、少し様子を見てあげてください。

 

ただし、食欲ゼロで下痢やおう吐が続く場合はすぐに受診が必要です!!

 

 

避妊手術後は太りやすい

 

術後の大きな特徴の一つに「太りやすくなる」ことがあります。

 

これは、ホルモンバランスの変化による運動量の低下や、発情・繁殖欲求がなくなることでのエネルギー量の低下が主な理由です。

 

つまり、手術前と同じ量を与え続けていると、ぽっちゃり猫になってしまうんです!!

 

うちの猫は見事にぽっちゃり猫になっちゃいました。

 

 

実はモグニャンを使っている人のコメントで「術後に太った」という声がありました。

 

詳しくみていくと・・・

 

モグニャンには避妊後猫に与える量の記載がなく、そのままの量で与えたところ太ってしまったようなんです。

 

確かに、モグニャンには避妊後の猫に与える量が書いてないんですよね。

 

モグニャンを使う時には、飼い主のほうで上手量を調整してあげることが必要です。

 

出来れば毎日猫の体重を計り、ちょうどいいご飯の量を見つけてあげてくださいね。

 

モグニャンの給与量(与える量)についての詳細はこちらの記事で
モグニャンの与える量は体重で変わる!1回あたりの適正な量とは?

 

避妊前からモグニャンにしておくとベスト

 

モグニャンはオールステージフードなので、避妊前も避妊後も食べさせることができます。

 

加えて、栄養面や使っている食材が良いものなので、避妊後には特におすすめです。

 

メインの材料に白身魚を使うことで、脂質を抑えつつもタンパク質はしっかり摂れます。

 

太りやすい避妊後猫にはぴったりなフードなんです。

 

 

しかし、注意点が一つ!

 

 

それは、避妊後にフードを切り替えるとストレスで食べなくなる可能性があるということ!

 

我が家の避妊猫1匹は、結構な勢いで太ってしまい途中でフードの切り替えをしましたが、どうやら好みに合わなかったようで、少し体調を崩してしまいました。

 

前のフードに戻したんですが、体重コントロールが難しく、結局避妊後猫用のフードを必死に慣れさせた苦い思い出があります・・・

 

モグニャンであれば、フードの切り替えが必要なく、気を付けるのは量のみ!

 

猫ちゃんにはストレスを与えず体重も管理できますので、避妊手術前からモグニャンにしておくことをおすすめします♪

 

モグニャンについて詳しくはこちらの記事で
モグニャンはどんなキャットフード!?口コミや原材料・成分について

 

 

避妊手術とモグニャン まとめ

 

術後の猫はデリケート

 

 

避妊手術は開腹手術になるため、負担がとても大きくかかります。

 

ゆっくり回復を待ってあげましょう。

 

モグニャンは避妊後の手術食として栄養面でも優れていますが、食欲が低下している場合には無理に与えることのないようにしてくださいね。

 

 

避妊後は太りやすいため、フードに気を付けて

 

 

ホルモンバランスの変化やエネルギー量の変化で、モグニャンを今までと同じ量をあげていると太ってしまいます。

 

体重を計りながら、愛猫に合った量に調節してあげてください。

 

 

避妊前からモグニャンを使うとストレスフリー

 

 

術後に急にフードを変えてしまうと、猫ちゃんのストレスになります。

 

モグニャンは子猫の時期から使えますから、避妊前から使っておくと、術後も安心して食べさせられますよ!

 

手術後はストレスも大きくかかりますから、食事だけでもストレスなく食べてほしいですよね。

 

どの時期からでも使えるモグニャンは猫にも飼い主にも優しいフードですね。

 

 

⇒避妊後の栄養食に!モグニャン公式サイトはこちら