モグニャン シンプリー どっち

モグニャンとシンプリーどっちがいいの?愛猫に合うのはこれだ!

 

モグニャンシンプリーを比較している人も結構いるようですね。

 

どちらももレティシアンという会社から販売されていいるプレミアムフードです。

 

この点はカナガンにも共通していますね。

 

レティシアンから販売されているのは、カナガン、シンプリー、そしてモグニャンです。

 

『同じ会社からなぜ3つものプレミアムフードが?』 と考えた私。

 

それぞれに違うところがあるはず!

 

ということで今回はモグニャンとシンプリーの二つを徹底的に比較して見ました。

 

これを見ればあなたの猫ちゃんにどっちが合うかわかるはずです♪

 

 

似通っている原材料の中にも違い発見

 

モグニャンとシンプリー、実はどちらもメインの原材料は魚でした。

 

しかし、魚の種類や配合量に違いがありましたので表で確認してみましょう。

 

メイン原材料 配合量 注目したい原材料
モグニャン 白身魚(鱈) 63% バナナ・リンゴ・カボチャ
シンプリ― 骨抜きサーモン・乾燥ニシン・乾燥サーモン 31%・12%・11% サーモンオイル(8%)乾燥白身魚(6%)生マス(4%)サーモンスープ(2%)

 

どちらも魚をメインに据えていますが、魚の種類は違いますね。

 

モグニャンは白身魚の鱈(たら)でシンプリ―はサーモンを使っています。

 

配合量にも注目すると、モグニャンは63%、シンプリ―は54%と大きな差はありませんね。

 

 

しかし、「魚類の配合量」に注目すると・・・

 

モグニャン白身魚63%の他にサーモンオイルが配合されていますが、配合量の明記はありません。

 

それに対しシンプリーは、細かい配合量も記載されていました。

 

結果、なんと魚類の配合は74%!

 

どちらも魚メインのフードですが、その配合量には大きな違いが見られます。

 

愛猫のお魚好き度に合わせてフードを変えることもできそうですね!

 

 

成分の違いは?

モグニャンとシンプリーどっちがいいの?愛猫に合うのはこれだ!

 

メインの魚の配合量が違うため、栄養面でも若干の違いがありました。

 

こちらも表でまとめましたのでご紹介します。

 

たんぱく質 脂質 カロリー
モグニャン   30.0% 16.0% 365kcal
シンプリー   37.0% 20.0% 380kcal

 

 

表以外の栄養面は大きな違いはないんですが、たんぱく質・脂質・カロリーでは違いがはっきりでました。

 

どちらも魚のフードなので、たんぱく質抑えめかと思いきや・・・

 

モグニャンのほうが低たんぱく質、低脂質、低カロリーでした。

 

これは、シンプリーが使うサーモンとモグニャンが使う白身魚の違いが表れた感じです。

 

サーモンと白身魚では、白身魚のほうがたんぱく質や脂質やカロリーは抑え目な食材です。

 

肥満気味で体重コントロールが必要な猫ちゃんや、ダイエット中の猫ちゃん、さらにシニア期の猫ちゃんには、モグニャンのほうがおすすめです。

 

モグニャンのカロリーについて詳しくはこちらの記事でご紹介
モグニャンは低カロリー!シニア猫やダイエットに適している理由とは

 

 

対してシンプリーですが、たんぱく質が豊富なため成長期の猫や子猫におすすめなフードと言えます。

 

成長に欠かせないたんぱく質が豊富なシンプリーなので、シニア期の猫よりも成長重視の子猫に合っています。

 

 

粒の大きさや食いつきの違いとは

 

粒の大きさ 粒の形
モグニャン  0.8cm 細長い
シンプリー  1.3cm 丸形

 

 

粒の大きさは、シンプリーのほうが大きく、モグニャンは少し小さめです。

 

粒の形にも違いがあり、シンプリーは丸形、モグニャンは細長い形と特徴が分かれています。

 

粒が小さければ食べやすく、粒が大きければしっかりと噛めるためあごの力が衰えにくいというメリットがあります。

 

粒の形でも噛みやすさに違いがあります。

 

 

【モグニャン・シンプリー・カナガンの粒のサイズ比較】

 

 

我が家の猫は、丸形で粒が少し大きめの方が好みの猫もいますし、丸形で小粒が気に入っている猫もいます。

 

愛猫の食べ方を見て粒の大きさを決めることもできますね!

 

 

あと、飼い主として気になるのは・・・愛猫の食いつき!

 

では、モグニャンの食いつきとシンプリーの食いつきを動画で見てみましょう!

 

 

 モグニャン・シンプリー食いつき動画(比較もあり)

 

 

【モグニャンの食いつき動画】

 

 

 

【シンプリーの食いつき動画】

 

 

 

【モグニャン・シンプリーなど食いつき比較動画】

 

 

 

フードの好き嫌いは愛猫の好みによっても分かれると思いますが、動画を見るとどちらも食いつきがよいですね!

 

モグニャン・シンプリーとも原材料にヒューマングレードと呼ばれる人間が食べても問題ない品質の原材料を使用し、人工添加物を一切使用していません!

 

ですので、素材本来のにおいや香りがするのが特徴的です。

 

どちらも原材料に魚を使っているので魚の香りがしますよ♪

 

あなたの愛猫におすすめはどっち?チェックしてみましょう

モグニャンとシンプリーどっちがいいの?愛猫に合うのはこれだ!

 

ここまでモグニャンとシンプリーを比較してきました。

 

どちらもプレミアムキャットフードで原材料や成分とも素晴らしいキャットフードでした。

 

「でも、どっちを選べばいいの??」

 

両方良いだけに悩みますよね?

 

そこで特徴をまとめましたので、チェックしてみましょう。

 

 

 モグニャンがおすすめな猫とは

 

 

モグニャンの特徴は、しっかりとたんぱく質や栄養が摂取できるにもかかわらず、低脂質・低カロリーなところです。

 

又、粒も小さいので吐き戻しもしにくく食べやすいです。

 

  • 太り気味な猫ちゃん
  • シニアの猫ちゃん・子猫ちゃん
  • 魚好きな猫ちゃん
  • 食いつきが悪い猫ちゃん
  • 健康面が心配な猫ちゃん

 

こんな猫ちゃんにモグニャンはおすすめです♪

 

 

 

 

 

 シンプリーがおすすめな猫とは

 

 

シンプリーの特徴は、魚ベースでも豊富なたんぱく質や栄養が摂取でき、食べ応えのある食感を味わえる点です。

 

  • 高たんぱくな食事を求める猫ちゃん
  • 成長期の猫ちゃん
  • カリカリと食べ応えのあるキャットフードが好きな猫ちゃん
  • 魚好きの猫ちゃん
  • 健康面に不安がある猫ちゃん

 

こんな猫ちゃんにシンプリーはおすすめですよ♪