モグニャン 尿路結石

モグニャンが尿路結石の予防に効果的な3つの理由とは

 

猫の健康を第一に考え作られたモグニャン

 

しかし、口コミのなかには

 

  • 尿路結石になりました・・・
  • 予防に効果的です!

 

など真逆に意見があって本当はどうなのか?と疑問に思いますよね?

 

我が家の猫も、尿路結石を患ったことのある子がいるので、新しいフードを試すときにはかなり慎重になります。

 

モグニャンは、獣医さんも勧めるフードですが、尿路結石予防にも使えるのか?を重要なポイントです。

 

そこで、モグニャンは尿路結石の予防に効果的なのか?について調べてみたのでご紹介します。

 

 

 

クランベリーで尿を酸性化

 

モグニャンに使われているある原材料にクランベリーがあります。

 

クランベリーには身体のバランスを整えてくれる作用があるんですが、それ以外にも効果があるんです。

 

それが『尿を酸性化する働き』です。

 

尿がアルカリ性になっているか酸性になっているかは市販のphチェックのアイテムを使うことでわかります。

 

 

phチェッカーと呼ばれる商品です。紙に尿をつけることで色が変化してph値を測ることができます。

 

愛猫の日ごろの健康チェックの一環として使ってみるものいいですね。

 

 

 

 尿路結石について

 

 

尿路結石はストルバイト尿石シュウ酸カルシウム尿石があります。

 

ストルバイトは尿がアルカリ性(ph値7.0以上)に傾くことで生成されやすくなり、シュウ酸カルシウムは尿が酸性(ph値5.8以下)に傾くと生成されやすくなります。

 

クランベリーの持つ「尿を酸性化する働き」は、尿が酸性に傾くよう手助けしてくれるので、ストルバイト尿石を生成しにくくしているんですね。

 

このことを考えると、モグニャンはストルバイト尿石の尿路結石予防には効果があると言えます。

 

 

 

高たんぱくで尿路結石予防

モグニャンが尿路結石の予防に効果的な3つの理由とは

 

モグニャンは高たんぱく質なフードとして知られていますね。

 

この「高たんぱく」であることも、尿路結石予防に一役買っているんです!

 

高たんぱく質のフードを食べると尿の量が増えます。

 

尿の排出が増えると、尿路結石予防になります。

 

結石ができても、尿と一緒に排出されることも多いんです。

 

尿の排出が多いと、結石ができても排出しやすいため尿路結石を予防できます。

 

 

 

又、尿路結石ができる原因の一つに水分不足があります。

 

猫はもともと水をあまり飲む動物ではないため、結石ができやすいんです。

 

高たんぱくなフードを食べていると、水をあまり飲まなくても尿が増えるので尿路結石予防につながるんです。

 

しかし、高たんぱくなフードだけでは十分な予防にはならないため、しっかりと水分補給ができているかを確認してあげてくださいね。

マグネシウム、ミネラルバランスで予防

 

尿路結石ができる原因に、フードのマグネシウム量ミネラルバランスがあります。

 

モグニャンのマグネシウム含有量は0.12%、カルシウムは0.62%、リンは0.53%とさほど高くない数字ですし、バランスも申し分ありません。

 

マグネシウムやミネラルバランスがちょうどよく配合されているので、尿路結石予防ができますね。

 

 

マグネシウムとカルシウムは多すぎても少なすぎても尿路結石によくありません。

 

バランスがとても大切なのです!

 

 

⇒モグニャンで尿路結石の予防!公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

モグニャンは尿路結石の予防に効果的ですが、一度発症してしまった猫ちゃんには注意が必要です。

 

我が家の猫の話をしますと、一度尿路結石を発症した猫はマグネシウム値は0.09以下にするように指導されました。

 

その理由は、マグネシウム値が高ければ高いほど尿がアルカリ性に傾くからなんです。

 

尿がアルカリ性になるとストルバイト尿石が生成されてしまいます。

 

もちろん、モグニャンのマグネシウム値は決して高いわけではありません。

 

むしろ低いほうなのですが、一度結石を発症したことのある子にはおすすめできないんです。

 

ストルバイト尿石は、詰まってしまうと膀胱炎や尿毒症など重い病気を引き起こします。

 

最初からの尿路結石予防で使うフードとしては満点ですが、発症経験のある子には使わない方が無難です。

 

一度尿路結石になってしまった場合には、獣医さんの指導の下、キャットフードを選ぶのが賢明です。

 

 

尿路結石の予防に効果的な理由をまとめました

 

ここまでご紹介したように、モグニャンには尿路結石を防ぐのに関係した成分や原材料が含まれていることがわかりました。

 

最後にまとめましたので、確認していきましょう。

 

 

 クランベリーでストルバイト尿石を予防

 

 

グニャンに入っているクランベリーは、尿を酸性に傾ける作用があります。

 

尿がアルカリ性になることで生成されるストルバイト尿石の予防に効果があります。

 

 

 

 高たんぱく質で排尿を促す

 

 

高たんぱく質なフードは尿の量を増やします。

 

体内でできてしまった結石は尿と一緒に体外へ排出されていきます。

 

ですので、尿の排出量も増えると結石予防につながります。

 

 

 

 マグネシウム、ミネラルバランスがよい

 

 

マグネシウム含有量を抑えつつ、カルシウムとリンのバランスがいいので、結石が生成されにくく結石予防に効果があります。

 

 

 

 

 

モグニャンはトータルで見ると、尿路結石予防に効果があるフードです。

 

しかし、一度でも結石を発症してしまった子や、尿トラブルを抱えた経験のある猫ちゃんは、使用には注意してあげてくださいね。