モグニャン 賞味期限 保存

モグニャンの賞味期限が短い本当の理由とベストな保存方法とは

 

自然な原材料で作られたプレミアムキャットフードとして人気が高い モグニャン

 

しかし、賞味期限が短いとの声も・・・

 

実際に袋を見てみると、未開封での賞味期限はなんと18ヶ月!

 

開封後の賞味期限は、3か月が目安。

 

多くのキャットフードは未開封の賞味期限は2〜3年なので、それに比べると短いですよね。

 

実は、この賞味期限が短いことには理由があるんです。

 

そこにはモグニャンの品質と密接に関係していました!

 

ではご紹介していきますね。

 

 

人工添加物としての保存料を使っていない

 

モグニャンの賞味期限が短い本当の理由とベストな保存方法とは

 

 

モグニャンの魅力の一つは、人工添加物不使用ということですよね。

 

保存料に関しても、人工的なものは使っていないんです!

 

これにはメリットとデメリットがあります。

 

 

人工添加物を使わないデメリットとは

 

 

まずデメリットですが、やはりフードが傷みやすいということ。

 

フードを使い切る前に賞味期限が来てしまう・・・ということもあります。

 

モグニャン一袋は1.5kg入りです。

 

一度開封したらどのくらいで食べきれるかは猫ちゃんの気分次第な面もあります。

 

猫はフードに慣れると飽きてしまうことがあります

 

さらに少食の猫ちゃんであれば、フード一袋を食べきるには時間がかかりますよね。

 

『全て食べきる前に処分・・・』

 

別のフードで私もこの経験がありますが、もったいないです。

 

フードの金額が高いと、余計にそう思います。

 

 

 

人工添加物を使わないメリットとは

 

 

では次にメリット挙げますと、ズバリ安全であるということです!

 

モグニャンは保存料を全く使っていないわけではありません。

 

保存料として天然由来のビタミンEを配合しています。

 

天然由来の保存料を使うことで、より安全なフードになっているんです。

 

人工添加物により猫が食物アレルギーを発症したという例は珍しくありません。

 

できるだけ安全な食事を与えるには人工添加物不使用のキャットフードがベストです♪

 

 

 

天然保存料で安心・安全度が高い

 

モグニャンの賞味期限が短い本当の理由とベストな保存方法とは

 

 

モグニャンは人工添加物の代わりに天然の保存料を使っていますが、なぜ天然の保存料だと安全なのか?

 

それを知るために、人工的な保存料の危険を知っておきましょう。

 

 

 人工保存料の危険性とは?

 

 

多くのフードには、人工的に配合した酸化防止剤や保存料が使われています。

 

長期保存は可能になりますが、BHAなどといった発がん物質が含まれています。

 

もちろん、少量の摂取で、がんになることはありません。

 

しかし、発がん物質が含まれているフードを食べさせ続けていると、発がん物質がどんどん愛猫の体内に蓄積していくことになります。

 

その点、モグニャンでは、保存料としてビタミンEを配合しています。

 

ビタミンEで本当に保存効果があるの?と感じる方もいると思いますが、ビタミンEは保存料として優秀な栄養素なんですよ!

 

当然、保存効果だけなら酸化防止剤などの添加物を使用するほうが長持ちしますが、健康面を考慮してモグニャンでは天然保存料を使用しています。

 

 

又、天然由来のビタミンなので、保存料としてだけではなく栄養価値も十分にあります。

 

このことを考えると、モグニャンがいかに安全かがわかりますよね!

 

 

 

ジッパー付きの袋でデメリットをカバー

 

 

賞味期限が短いというのはデメリットですが、モグニャンは袋を工夫してデメリットをカバーしています。

 

写真を見てもらえればわかりますが、袋の開け口にジッパーを取り付けているんですね♪

 

どのキャットフードでも言えることですが、開封後は劣化がどんどん進みます。

 

空気に触れることで、酸化が進みフードの品質が落ちてしまうんです・・・

 

しかし、ジッっパー付きの袋だと開封後のフードが空気に触れることが少ないため酸化が進みにくくなり、保存も効くようになります。

 

空気をしっかりと抜いてジップを閉めることで、劣化を遅らせて保存することができますよ!

 

以外とジッパー付きでないキャットフードも多いので袋もキャットフード選びの際にチェックすることをおすすめします

 

フード自体には危険な保存料を使わず、ジッっパー付きの袋を採用することで賞味期限の短さをしっかりカバーしているモグニャン。

 

賞味期限の短さの理由を追っていくと、細かな配慮がたくさんあって製造者の猫愛を感じます!

 

 

モグニャンをより長く保存する保管方法とは

 

モグニャンの袋にはジッパーが付いているので保存はしやすくなっていますが、より長く新鮮さを保つ方法をご紹介します。

 

 

 小分けして冷凍庫に保管

 

 

ジッパー付きの袋が良いと紹介しながらこんなことを言うのはアレですが・・・

 

私のベストな長期保管保存方法は冷凍保存です!!

 

 

空気に触れさせず、氷点下で保管するのが一番長期保存に向いています。

 

与えるときに事前に解凍する手間があるのが難点ではありますが・・・

 

 

 ハンドシーラーと乾燥材で保管

 

 

冷凍庫にスペースがない方やキャットフードを冷凍庫に入れたくない方には、ハンドシーラーで保管するのも長期保管におすすめです。

 

ハンディシーラーとは、開封した袋を熱の力でまた密閉できる便利グッズです。

 

 

 

モグニャンを小分けにしてハンドシーラーに入れたら一緒に乾燥材も入れて保管するとなお良しです!

 

どうしても常温保管になるので、湿気を除いてくれる乾燥材は酸化を防いでくれます。

 

 

 

 

私が実際に保管している方法をレビューしている記事もあるので、ぜひ参考にみてくださいね♪

 

《モグニャンのレビュー記事》
モグニャン 保管|私が試している保管方法を紹介します♪
モグニャンを食べない!?そんな口コミがあったので実際に与えてみた結果とは
モグニャンは小粒で子猫も安心|どれくらい小さいか実際に比較してみた