モグニャン 市販 デメリット

モグニャンを市販フードと徹底比較!比べてわかったデメリットとは?

 

 

獣医さんがおすすめすることもあるプレミアムキャットフードのモグニャンですが、市販のキャットフードと比べて何が違うのでしょうか?

 

  • 品質が値段以上に変わらないなら市販のフードでいい!
  • できれば今慣れているキャットフードを変えたくない・・・

 

今あげている市販のものと遜色ないならわざわざ切り替えるのは面倒ですよね?

 

そこでペットショップやホームセンターなどで売られているキャットフードと比較して、モグニャンのメリットデメリットをご紹介します。

 

 

モグニャンと市販のキャットフードとの違いまとめ

 

モグニャンと市販されているキャットフードは同じ猫ちゃんのご飯ですよね?

 

では、そもそも何が大きく違うのかをまとめてみたのでご紹介します。

 

 

 購入方法の違い

 

 

皆さんはキャットフードを買うときにはどこで買いますか?

 

ペットショップや動物病院、ネット通販、はたまたスーパーやドラッグストア…色々な場所で買えますよね。

 

一方、モグニャンが購入できるのは基本的に公式販売サイトを含むネット通販からの購入に限ります。

 

特に販売元から直接購入できるのは公式サイトになります。

 

市販しない理由としては、販売元のレティシアン社のこだわりで「店頭に並ぶ時間を省いて新鮮なフードを届ける」という強い思いがあるからなんです。

 

 

 

 原材料の違い

 

 

多くのキャットフード、特に価格帯が安い市販のキャットフードには米や小麦粉、トウモロコシなどの穀物が使われています。

 

理由は安価に手に入ることと、量がかさましできることによりコストを下げられるからです。

 

しかし、猫は元々穀物を食べない&肉食動物なのでうまく消化吸収できず、食物アレルギーや体調不良の原因になりやすいです。

 

 

その点、モグニャンは穀物は一切使われていないグルテンフリーで作られています。

 

代わりに食物繊維が豊富で消化しやすいサツマイモを使うことで必要な炭水化物を体にやさしく摂取できるようにしています。

 

 

 

 添加物の違い

 

 

キャットフードというのはドライフード(カリカリ)であっても湿気を吸ったり、空気に触れると酸化したりととても傷みやすいです。

 

傷むのを防ぐために保存料酸化防止剤を使っているフードは多いですが、モグニャンにはそういった人工的な添加物は一切使われていません。

 

それだとすぐに食べられなくなるんじゃ・・・と心配になるところですが、賞味期限は未開封なら18ヶ月、開封後は3ヶ月と一般的なフードとそこまで変わりません。

 

より新鮮な状態を維持するなら開封後は1ヵ月以内に食べきりたいところですが、1匹飼いでも1ヶ月もあれば食べきれる量となっているのでご安心を。

 

毎日のご飯ですから、体に悪いものが入っていないほうが安心ですよね♪

 

 

 

比較してわかったモグニャンの悪い点・良い点とは

 

 

入手しにくい

 

 

購入は通販サイトに限定されています。

 

ちなみに公式サイトが最安値です。(Amazonやヤフオクでも売っていますが割高です・・・)

 

通販ですと、届くまでに数日掛かるのでフードを切らしてしまったときや宅配の受け取りがしにくいときにはちょっと不便ですね。

 

 

 

値段が高い

 

 

これは切実な問題ですよね。

 

モグニャンは1.5キロ入りのワンサイズのみで、お値段3,960円(税抜)です。

 

定期コースですと割引対象になります。

 

色々選べる市販に比べると決して安い値段ではありません。

 

 

 

 

 

栄養バランスが良い(病気を防ぐ)

 

 

猫にとって大切なのはタンパク質で、犬よりも多くの量が必要といわれています。

 

タンパク質が瞬発力を生み出す猫特有の筋肉やなめらかな被毛を作るからです。

 

モグニャンはタンパク質が多く含まれている白身魚(鱈)が主原料で、他にも食物繊維が豊富で腸の活動をサポートするバナナやカボチャ、老化を防ぐサーモンオイル、体のバランスを整えるリンゴなどがバランス良く含まれています。

 

材料の1つのクランベリーは猫に多い尿路疾患の予防に効果的です。

 

更にバランスが良いことで、栄養素は取り入れつつ太りにくい体へと変わっていきます。

 

 

 

オールステージ対応

 

 

キャットフードは子猫用・成猫用・シニア用と成長段階に応じて専用化されていることが多いですが、モグニャンはドライフードを食べ始めた子猫〜老猫までどんな年齢でも食べることができます。

 

同じフードを食べ続ければフード切り替えの負担がありませんし、多頭飼いにも便利ですね。

 

 

 

アレルギーを起こしにくい

 

 

猫の体には不向きな穀物が使われていないためにアレルギーを起こしにくいです。

 

また、魚介類だとサバやカツオなどの青魚、はたまたマグロなどの赤身魚でアレルギーを起こしてしまう子もいますが、モグニャンに使われているのはアレルギーを起こしにくい白身魚です。

 

 

 

 

プレミアムキャットフードと呼ばれるモグニャンでも市販のキャットフードと比較すると良い点・悪い点があることがわかりましたね。

 

猫ちゃんのご飯ですので、品質の良いものを食べさせてあげるほうが良いに決まっていますが、値段や購入手続きが面倒なのは気になりますよね・・・

 

 

でも・・・『モグニャンをより安く簡単に購入できるとしたらどうでしょうか??』

 

 

そこで、愛用者の私がそんなデメリットを解消する秘密を教えます♪

 

下記の記事では、モグニャンを最安値で購入する方法や簡単に注文できる方法を紹介しているので、ぜひ確認してくださいね!

 

モグニャン値段|最安値はどこ?Amazon・楽天・ヤフオク・メルカリなど徹底比較
モグニャンの購入は超カンタン♪本当に3分で完了できます!